フリーランスで独立

フリーランスに向いている人

仕事が好きな人が向いている

毎日同じ会社に出勤し、担当業務をこなす、そんな毎日が飽き足らなくなった人が最終的に目指すのが「フリーランス」という働き方です。簡潔にまとめるなら、フリーランスとは、特定の企業や団体に属さない個人事業主、ということを意味しています。

自らの判断と裁量で事業活動を行うことで収入を得る人生は、安定した収入を第一優先とする人には不向きかもしれませんが、自分自身の能力を会社の名前に頼らないで最前線で試したい、会社のルールに縛られない自由な生き方を選択したい人にとっては、働き方を選択するうえで最終的なゴールになりうるといえるでしょう。フリーランスでの独立をお考えならこちら。

会社に勤める以外の働き方が「フリーランス」、ということは働き方、稼ぎ方のルールを自分自身で判断する必要があるということです。しかしながら、言うは易く行うは難しで、非常に意志の強さが試され強いメンタリティが要求されることでもあるのです。

思うように仕事が得られない場合は、状況を打開するための行動力や忍耐力が必要とされるでしょう。逆に仕事量の増加には外部のアウトソーシングを上手に利用するなど、ビジネスセンスと判断力が要求されます。

会社勤めの間は担当業務についてのみ考えていればよかったけれど、「フリーランス」になれば、事務所の家賃ほかの資金繰り、税金や帳簿受けなどの税務管理、自分自身の健康管理他、事業にかかわる全体を自分自身で判断、管理していく必要があります。自由に仕事をして自由に生きていくためには相応の覚悟も必要です。

クリアすべき最低条件としては、自分が建てた計画を消化するためのスケジューリング含め自己管理が出来て、フリーランスとして独立する「自分のスキルを活かした仕事」が心から好きな人こそ向いていると言えるでしょう。「フリーランス」に向いている人とは、自分の仕事が心から好きで、その仕事で生活していくための様々な苦労を耐えられる人といえるのです。

Copyright © フリーランスに向いている人. All rights reserved.